仕事で”超”使えた-伝える技術-1分で話せ 著:伊藤洋一【書評】

本書の内容は仕事で実践的に使える
「話の組み立て方」が学べる本です!!

僕は「報告」をするような場面で
本書から学んだことが

めちゃくちゃ役に立ちました!☺

仕事の場面で

  • 話が上手くまとまらない
  • 自分でも何を言っているのかよくわからなくなる

そんな時ってありませんか?

本書を読めば
会議・プレゼン・研修・申し送りといった場面で
今よりも「伝えること」が上手くなりますよ!

この本でわかること:シンプルに伝える技術

全ての話す場面で使える
「伝えるための方法」が学べます

内容は大きく分けて2つ

  1. 「伝える側」が考えておくべきこと
  2. シンプルに伝える技術

最後に実践編として
会議で起こりがちなシチュエーションを例に
「あるある」と改善パターンを

見ながら学ぶことができます

「伝える側」が考えておくべきこと

大前提として「伝える側」が考えておくべきこと
内容では

  • 話す側のよくある思い込み・勘違い
  • 聞き手はそもそもどんな人?
  • 「伝えること」の目的とは?

などについて学ぶことができます

話す側の勘違いについては
多くの人に当てはまるような内容でした!

大事なことをシンプルに伝える技術

本題の大事なことをシンプルに伝える技術では

タイトルの通り「1分で相手に伝わる話し方」
というより

1分だろうが30分だろうが
「相手に伝わる話の組み立て方」が学べます

実用的でだれでも実践できるような内容でした!

こんな人にオススメ:説明が苦手

本書はこんな人にオススメです☺

  • 説明が苦手
  • プレゼン力を高めたい
  • よく分からない長い会議を終わらせたい

なんかうまく言えないモヤモヤも
人に「これは良い!!」
と思ったものを進める時も

本書の内容は役に立ちます

僕の場合は

職場の申し送りや
研修進行の場面で役に立ちました

話の組み立て方を考えられるようになったのが
大きいですね✨

著者の紹介:伊藤洋一

伊藤洋一さんはyahoo!アカデミア学長にして
グロービス講師をされている人物

起業家からビジネスパーソンまで
年間300人以上のプレゼンを指導され
ピッチコンテストなどでの優勝者を続々と輩出

伊藤洋一さんのプレゼンは
ソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主です

本書では
「右脳と左脳」に働きかけるという
著者の独自メソッドが紹介されています

本書の続編である
『1分で話せ2-超実践編-』も出版されています

ためになった内容:ピラミッドの枠組み

本書で個人的に為になった内容を1つ紹介!
考えたことも書いていきます

ピラミッドの枠組み

相手に急に意見を求められて
困った時ってありませんか?

すぐに「答え」を返さないといけないと思って
焦りますよね💦

そんな時の解決策としては

まず「なにを」聞かれているのかを把握して
それに対して

相手の「問い」に対する「答え」を
ピラミッドで考えればいいんです

「ピラミッド」とは

結論
→根拠(理由)
→(例えば~)

3つで構築した枠組みのこと

これがシンプルに伝える技術の根幹です

答え」は結論

そして理由を述べていく

実際には理由を3つも挙げる必要は
個人的にはないと思いますが

この「結論を先に言う」というを

やってみると

そのあと理由を述べるときに

自分が話しやすくなるためでもある
と実感できました

ぜひ、やってみてほしいです☺

そして場合によっては

  • 相手にどうしてほしいのか
  • これから自分がどう動くのか

までをしっかりと伝えれたら
パーフェクトだと思います✨

きっと、「できる奴」と思われることでしょう!

問題を報告だけして
解決策を提案しない人いると思うけど

そんな時もこの方法が使えたら差が出ますよね(笑)

まとめ

この本で
全ての話す場面で使える

「伝えるための方法」が学べます

特に仕事の場面での
プレゼン・提案・報告などでめちゃくちゃ使えるので

説明が苦手な方でも本書を読めば
今よりも上手く話すことができるようになるでしょう!

シンプルに伝える技術

結論
→根拠(理由3つ)
→(例えば~)

で構築されたピラミッドが基本

ですが話す前の
そもそも”の前提部分も重要ポイント!

話す側が「前もって考えておくべきこと」
についても

しっかりと理解しておきましょう!

「1分で話せ」
ぜひ、読んでみて下さい✨

 

 

学ぶこと
スポンサーリンク
やっそんブログ